投稿日:

脱毛サロンでVIO脱毛の施術を受けてデリケートゾーンの毛を処理する4つのメリットと2つの注意点

腕、脚、脇など薄着をする時に露出をするパーツを脱毛してムダ毛を処理するために脱毛サロンで施術を受ける女性が多い傾向がありましたが、最近ではデリケートゾーンの毛を脱毛する女性が増えていてVIO脱毛の需要が高まってきています。

 

外国ではデリケートゾーンの毛を脱毛して処理するのは当たり前の習慣でしたが、日本では自己処理で済ませてしまう事が多い傾向がありました。しかし最近では女性の美意識が高まっていてデリケートゾーンの毛を脱毛したいと考える人が増えてきています。

 

また脱毛サロンでVIO脱毛の施術を受けてデリケートゾーンの毛を処理するとメリットになる点もあるので見ていく事にしましょう。

・下着を履く時に気を遣う必要がなくなる

女性は衣類だけでなく下着もファッションの一部として考えています。しかしデリケートゾーンに毛が生えていると下着によっては毛がはみ出してしまう事があります。それによりお気に入りに下着を履く事が出来ない場合もあるのでオシャレをする時に問題が生じてしまいます。

 

しかし脱毛サロンでVIO脱毛の施術を受けてデリケートゾーンの毛を処理していればどのような下着を履いても毛がはみ出す事がなくなるので気を遣う必要がなくなります。際どい下着を履く事も可能になるのでメリットに感じる女性も多いです。

・清潔に保ち続けやすくなる

日常生活の中で衣類や下着を着用しているのでデリケートゾーンは常に覆われた状態になっています。しかも毛が生えている状態だと通気性も悪くなってしまうので蒸れやすくなり汗のかく量も多くなってしまいます。大量にかいた汗がデリケートゾーンの毛に付着する事で雑菌が繁殖してしまいます。

 

それにより強い臭いが発生してすごく不衛生な状態になってしまう事もあります。しかし脱毛サロンでVIO脱毛の施術を受けてデリケートゾーンの毛を処理していれば通気性が良くなるので汗をかく量も少なくなります。

 

また毛がなくなった状態になるので汗が付着して雑菌が繁殖する事もなくなります。それにより強い臭いが発生するのを防ぐ事が出来ます。デリケートゾーンを清潔に保ち続けやすくなるのもメリットになります。

・自己処理をする必要がなくなる

デリケートゾーンの毛が生えていると定期的に自己処理をしている女性も多いですが、カミソリで剃ったりしていると肌を傷つけてしまう事があります。デリケートゾーンの皮膚は他の部位の皮膚より薄いのでカミソリの刃が少し接触しただけでも傷つけてしまう事があります。

 

場合によっては深く傷つけてしまう事もあるので自己処理をしていると肌へのリスクが高いです。しかし脱毛サロンでVIO脱毛の施術を受けてデリケートゾーンの毛を処理していれば再び毛が生えてくる事がなくなるので自己処理をする必要がなくなります。それにより肌を傷つけてしまう事もなくなるのでメリットに感じる女性も多いです。

・生理の時のお手入れが楽になる

女性は定期的に生理があるので出血やおりものが出てしまいます。それでデリケートゾーンのお手入れをしますが、毛が生えていると通気性が悪くなりナプキンの蒸れによって臭いが発生しやすくなったりします。周囲の人に臭いが充満してしまう事もあるのでデメリットに感じる女性も多いです。

 

しかし脱毛サロンでVIO脱毛の施術を受けてデリケートゾーンの毛を処理していれば通気性が良くなるのでナプキンの蒸れが軽減されて臭いが発生するのを防ぐ事が出来ます。生理中は気分が良くない事が多いのでお手入れが楽になるのは女性にとって大きなメリットになります。

 

脱毛サロンでVIO脱毛の施術を受けてデリケートゾーンの毛を処理するとメリットになる点がこのようにありますが、注意したい点もあるのでしっかり把握しておく必要があります。そこで注意したい点も確認していきましょう。

・体感温度が変わるので体調を崩す事がある

脱毛サロンでVIO脱毛の施術を受けてデリケートゾーンの毛を処理すると通気性が良くなるので体感温度が変化してきます。今まで暑いと思っていて薄着をしていてデリケートゾーンの毛を脱毛して処理した後も薄着でいたりすると急に寒く感じたりして体調を崩す事があります。

 

それにより高熱を出してしまう可能性があるので脱毛サロンでVIO脱毛の施術を受けてデリケートゾーンの毛を処理したら通気性が良くなるので今までより少し寒く感じるようになる事をしっかり頭に入れておきましょう。

・男性受けが悪くなる事もある

デリケートゾーンの毛を処理している女性は男性から見ても清潔に見えていいものですが、人によってはデリケートゾーンの毛がない事に違和感を感じてしまう事もあります。それにより男性受けが悪くなってしまう事もあるので注意が必要です。

 

脱毛サロンでVIO脱毛の施術を受ける時はVラインの毛だけ少し残す事も可能なので施術を受ける前にどのようにデリケートゾーンの毛を処理すればいいのかしっかり考えておく事が大切になってきます。

投稿日:

今大人気のVIO脱毛!気になるその大きいメリットとは?

今や脱毛は女性のみならず、男性もチャレンジする時代です。
それだけムダ毛の存在は、おしゃれを意識する人にとって邪魔な存在であり、美しい体でいたいと思う気持ちに、女性も男性もないのです。

 
脱毛サロンや美容皮膚科において施術できる脱毛の部位は実に幅広く、一部を除けば、全身においてほとんどの部位で脱毛可能です。
そんな中でも最近人気を集めている脱毛部位があります。

 
それは、VIO脱毛と呼ばれるラインの脱毛です。
ではVIO脱毛とはいったい、どんな脱毛なのでしょうか。

■VIO脱毛とは?

脱毛の経験がない人や、これまで脱毛に興味を抱いたことがない人は、この部位の脱毛がどんな部位の脱毛なのか、想像できないかもしれません。
VIO脱毛とは、女性のデリケートゾーンと呼ばれる部位の脱毛を総称したものです。

 
数年前までは、女性がこのようなデリケートゾーンのムダ毛を脱毛するという概念がなく、あまり実施されていませんでした。
デリケートゾーンを人に見られることに、抵抗を感じる人が多かったこともその理由の1つです。

 
ですが、海外セレブや芸能人が取り組み始めたことをきっかけに火が付き、一般的なエステサロンでも取り扱うところが増加し、女性の間でもVIO脱毛に関する意識が広がるようになりました。

■VIO脱毛の詳しい部位

ではVIOと呼ばれる部位とは、具体的にどんな部位のことを指すのでしょうか。
その詳しい部位について、1つずつ見ていきましょう。

 

・Vライン
Vは、ビキニラインの頭文字からきているVです。
ビキニや下着を着用した際、正面から見て見える三角形のラインのことをいいます。

 
・Iライン
Iは、女性にとってまさしくデリケートな部分のラインのことで、女性器の両側のラインのことを指します。

 
・Oライン
Oは、ヒップの奥の部分のことで、肛門周りを含めてそう呼びます。
脱毛サロンや医療クリニックによっては、「ヒップ奥」と呼んだりもします。

 

■VIO脱毛の意義とは?

そもそも脱毛とは、見た目を気にするからこそ脱毛するのであり、どうしてこれらの人目につかないデリケートゾーンを脱毛する必要があるのかと、疑問に感じる人もいるかもしれません。

 
また、肌の露出が大幅に増える、水着を着る時にだけメリットがる脱毛部位だと思う人もいるでしょう。
ですが、VIO脱毛をするメリットは、水着を着た時にだけ意味があるわけではないのです。

 
毎月必ず月経という、避けては通れない生理現象がやってくる女性にとって、これらVIOラインのムダ毛を脱毛する意味は大きく、とても有意義な脱毛ともいえるのです。

■VIO脱毛のメリット

それでは、VIOラインを脱毛すると、どんなメリットがあるのでしょうか。

≪見た目≫

デリケートゾーンは、日ごろ人目に付く部位ではありませんが、夏という開放的な季節になると、水着を着る機会が増えることで、人目につくことになります。

 
水着を着るとなれば、デリケートゾーンのムダ毛が気になり、処理がきちんとできていなければ思い切って水着姿になることをためらったりもします。

 
ですが、このVIOラインの脱毛が完了していれば、何の心配もなく、いつでも自分の好きな水着にチャレンジすることができるのです。

≪衛生面≫

前述したとおり、女性にとって欠かせない生理現象が毎月やってくる月経です。
お腹が痛かったり、体調がすぐれなかったりするうえに、不快感も伴うつらい現象でもあります。

 
経血によって蒸れやすくなり、蒸れることで悪臭が発生したりもします。
VIOラインの脱毛が完了していれば、ムダ毛に経血がついて不快な思いをしたり、蒸れによる肌荒れに悩まされることもなくなるのです。

 
また、悪臭の発生を心配する必要もなくなるのです。
このラインの脱毛をすることで、毎月やってくる月経期間を、快適に過ごすことができるようになります。

≪選べるデザイン≫

VIOラインに生えてくるムダ毛は、量が多かったり太い毛が生えてきたりするため、放っておくと大変なことになってしまいがちです。

 
脱毛サロンや、医療クリニックでこれらの脱毛をする際には、どんな形で脱毛していくのか、そのデザインを決めることができるのです。

 
逆三角形にしてみたり、完全に無毛としてみたり、サロンやクリニックにはさまざまなデザインが用意されているため、自分好みのデザインに脱毛することができます。

■気になる男性の意見は?

男性のために脱毛するわけではありませんが、現在パートナーや夫がいる人には、その相手の反応も気になるところでしょう。
男性によっては、このVIOラインの脱毛に抵抗を感じる人がいるのも事実です。

 
また逆に、全く手入れをしていない女性に驚いてしまう男性もいたりします。
特に医療クリニックで施術される医療レーザー脱毛は、永久脱毛とも呼ばれ、施術をすればムダ毛がほぼ生えてこなくなります。

 
そのため、脱毛の施術をした後に後悔しても、毛は生えてこなくなるため、取り返しがつなかいことにもなりかねません。

 
よって、VIOラインの脱毛をする際には、そのことも踏まえて慎重に決断する必要があるのです。
相手の反応が気になるような時には、思い切って事前に相談してみることで、後あと後悔することがなくなります。

投稿日:

脱毛するなら医療脱毛!安心安全の医療脱毛で美しい艶肌を手に入れよう!

女性は常にムダ毛の存在が気になり、美を意識すればするほど、ムダ毛を邪魔な存在と思うものです。
そのため、ムダ毛の自己処理を繰り返し行う必要があり、そんな延々と繰り返される行為に嫌気がさす人もたくさんいます。

 
ムダ毛の自己処理から解放されることを考えた時、真っ先に頭に浮かぶのが、脱毛でしょう。
現在脱毛の施術は大きくわけると、エステティックサロンなどの脱毛サロンや、美容皮膚科などの医療クリニックなどで行われています。

 
どちらで脱毛の施術を受けるのかとても迷うところですが、この選定の結果により、脱毛の効果や費用、脱毛完了までにかかる期間など、さまざまなことに違いが出てきます。

■医療脱毛とは

脱毛の施術場所は、大きく分けると脱毛サロンと医療クリニックの2つに分けられ、このどちらかに通って施術してもらうことが、現在の脱毛の主流となっています。

 
そしてそれぞれ2つの場所で施術される脱毛方法には、違いがあります。
脱毛サロンなどで施術される脱毛方法は、「光脱毛」と呼ばれる脱毛方法です。
それに対し、医療クリニックで施術される脱毛方法は、「医療脱毛」と呼ばれる脱毛方法です。

 
医療脱毛は、単一の波長の光を使って集中的に脱毛していく方法です。

■医療脱毛と光脱毛の違い

≪脱毛方法の違い≫

医療脱毛と光脱毛の脱毛方法は、基本的な流れは同じものになります。
毛の黒い組織であるメラニン色素に反応する特殊な光を照射することで、毛根部にダメージを与え、脱毛するという仕組みです。

 
この流れの中で、両者の決定的な違いとは、照射に使用する光の威力の違いです。
複数の波長からなる弱い光を使って、広範囲に照射していく光脱毛に対し、単一の波長からなる強い光を、狭い範囲に集中的に照射することができるのが、医療脱毛です。

 
光脱毛による弱い光の照射は、毛根部の組織にダメージを与えることで毛の発育を抑制し、やがて成長が止まった毛が抜け落ちるという流れです。
医療脱毛においては、光脱毛よりも比較的強い光を照射し、毛根部にある皮脂腺開口部や、毛乳頭といった組織を破壊してしまうことで脱毛させます。

≪施術者の違い≫

医療脱毛の脱毛方法は、強い光を照射し、毛根部にある組織を破壊させる方法です。
このような、人間の細胞や組織を破壊する行為は医療行為とみなされることから、この医療脱毛の施術が認められているのは、医師免許を所持している人や、医療従事者のみです。

 
弱い光を使用している脱毛サロンにおいては、施術者に何らかの資格が必要というわけでもないため、誰でも施術できるものとなっています。

■医療脱毛のメリット

光脱毛と比較しながら、医療脱毛のメリットについて考えてみましょう。

・安心感

医療脱毛の施術をする医療クリニックには、医師免許所持者や、医療従事者が常駐していることからも、万が一のトラブルが発生しても医療的処置を施してもらうことが可能です。
何かあった時に、医師がしっかり診断と治療をしてくれるという大きな安心感があります。

・効果の早さ

医療脱毛は、光脱毛で使用する光に比べて強い威力の光を照射することができます。
そのため、毛根部の組織をしっかり破壊することができることから、脱毛の効果も早く実感することができます。
脱毛が完了するまでにかかる期間も、光脱毛に比べると早くなります。

・万が一の対応

脱毛という行為は、肌トラブルを招いてしまうリスクと常に隣り合わせです。
万が一肌トラブルが発生してしまっても、医療脱毛においては、医師や医療従事者がそばにいることで、医療行為として、薬を使用した治療を受けることもできます。
医師によるしっかりとした治療が受けられるということで、安心して脱毛の施術を受けることができます。

■医療脱毛のデメリット

・痛み

医療脱毛で使用される光は、光脱毛で使用される光よりも威力が強いため、施術時に痛みを感じやすくなります。
ですが、脱毛機器の研究や開発も日々進んでいることから、以前のレーザー脱毛と比べると随分感じる痛みも緩和されました。
多くの医療クリニックでは、それでも痛みに我慢できない人のために、麻酔も用意されています。

・費用

医療脱毛は、光脱毛に比べると施術にかかる費用が少し高めに設定されています。
威力の強い光を使用できる医療機器などが導入されていることも、その原因の1つです。
ですが、光脱毛と比較しても脱毛にかかる期間は短いため、費用対効果として考えると、医療脱毛の方が低価格で脱毛完了することもあります。

■医療脱毛にかかる平均期間

医療脱毛にするか、光脱毛にするか迷う人もたくさんいるでしょう。
少しでも早く脱毛を完了したい人にこそ、医療脱毛がおススメです。
脱毛する部位によって、脱毛完了までにかかる時間には差がありますが、医療脱毛なら多くの部位が、概ね5~6回で脱毛完了します。

 
もっと完璧にツルツル肌を目指すならば、平均すると8~12回ほどの施術が必要となります。
いずれにしても医療脱毛の方が、光脱毛に比べると、短い期間で脱毛を完了させることができます。