ゴルフは就職した職場でみんなやっていた

最初に就職したところの先輩が多趣味な方でその方がゴルフの打ちっぱなしを仕事のストレス解消におこなっていたのですが、たまたま同僚とバッティングセンターに行っていたところ同施設にゴルフの打ちっぱなしがありその先輩が仕事終わりに駆けつけてその場にいた私と同僚含めて道具全部貸していただいてクラブの持ち方から教えてもらい始めたのがきっかけです。

ニイガタジャンボゴルフで打ちっぱなしをしました。野球と卓球を学生時代にしていて(この頃18歳)それなりの成績を残していたので運動神経は悪くなかったと思うのですが、動いてる球を打つのと止まってる球を打つのは想像より感覚が違って最初はまぐれ当たりをのぞけば横に飛んでいったり、まったく飛ばないでコロコロと目の前に転がってまわりの目が恥ずかしかったです。

3ヶ月ぐらいに一回ぐらいですがホールを回ってます。職場にお手伝いで来ていたおじいちゃんの本職がゴルフ場で芝等の手入れや雑務などをおこなっていたので、そのおじいちゃんのゴルフ仲間と自分のゴルフ仲間でホールを回ってました。周りに仲間ができたのと運動不足解消が目的でやっていたが今ではいいコミュニケーションの場になっている。

ゴルフスクールに通うのは賛成です。基本ゴルフをやってる方々は優しいので教えてくれたりしますが、一人で最初行く場合やはりハードルはかなり高いかと思います。また、道具など何を買ったらいいのかもわからない場合など気軽に聞けるので最初から高いクラブを買ってやめるより手頃な値段で扱いやすい物を先生方なら熟知してると思うので買い一人でも多くゴルフの楽しさを知ってほしいからです。

初ゴルフは大ハマりしたけど右往左往ばかり

現在も勤めている会社で同じ職場の人に誘われて始めました。

その当時会社では15、6人の方がゴルフをやっており年間に2回ほどコンペを開催していました。

コンペ参加を目標に同年代がいましたので近くは無いですが打ちっぱなしに定期的に通うようになり1か月ほど通ってラウンドデビューをしてコンペに備えて日々練習をしていました。
始めたばかりは訳が分からず正に右往左往する事ばかりでゴルフの楽しさがまた分かりませんでした。

数ヶ月してラウンドやコンペをこなしてくると余裕ができるとゴルフ場の気持ち良さとゴルフの上手くいかない事に大ハマりしていました。

ゴルフ場はアバイディングゴルフソサエティと言う所がデビューでした。
ゴルフの怖さを知ってから後に再訪した時はこんな所で良く回ったなって感じです。

始めてから8年ぐらい練習は時間を作ってはほぼ毎日と気の合うゴルフ仲間と月に2回ぐらいは行ってましたが、結婚を機に行かなくなってしまい現在2年ぐらいクラブを触っていません。

子供も出来てまだ小さいので妻を置いて出かける事はまだ無理だなと思っています。

ただ、まだやめた訳では無く時間が出来て子供が大きくなったら一緒にラウンド出来たら良いなと思っています。” “賛成です。

自分はスクールに通っておけば良かったと思っています。

自分のクセがゴルフでは必ず出ます。そのクセを直す直さないは別として直ぐにレッスンプロに教えて貰えると思っています。

今まで自己流で何とかやって来たのでゴルフの要領をつかむのに時間がかかりました。
レッスンを受けていればもっと短時間で上達できると思います。